【11月11日 AFP】インドとバングラデシュの沿岸部にサイクロン「ブルブル(Bulbul)」が襲来し、強風と集中豪雨により両国で20人が死亡、バングラデシュでは200万人余りが避難所で一夜を過ごした。両国の当局者が10日、明らかにした。

 ブルブルは最大風速約33メートルの強風を伴い9日夜に上陸。両国の港や空港は閉鎖を余儀なくされた。

 インドのPTI通信(Press Trust of India)によると、西ベンガル(West Bengal)州で10人が死亡した。州都コルカタ(Kolkata)では木々が家屋に倒れ2人が犠牲となり、落下してきた枝が直撃して1人が死亡した。隣接するオディシャ(Odisha)州では2人が死亡した。

 バングラデシュでは8人が犠牲となり、うち5人は倒れた木が直撃し亡くなった。少なくとも20人が負傷した。

 地元行政官がAFPに語ったところでは、南部ボラ島(Bhola)近くのメグナ(Meghna)川で、荒天によりトロール漁船が沈没し、5人が行方不明になっている。災害管理当局者によれば、泥とブリキで造られた家屋を中心に約4000棟が一部損壊した。

 バングラデシュでは全土で約210万人が避難所に避難した。

 映像はバングラデシュ・クルナ(Khulna)で10日撮影。(c)AFP/Sam Jahan with Sailendra Sil in Kolkata